2024 年 5月 23日 (木)
ホーム経済スタートアップ「金建希氏アンクレット」の宝石スタートアップ、11億ウォン投資誘致

「金建希氏アンクレット」の宝石スタートアップ、11億ウォン投資誘致

ユン・ソンニョル(尹錫悦)大統領と妻のキム・ゴニ(金建希)氏がマドリードのバラハス国際空港に到着し、タラップを降りている©NEWSIS

韓国のジュエリープラットフォーム「オネスト・ソウル(HONEST SEOUL)」を運営するスタートアップ「トリプルラボ(TRIPLELABS)」が16日、VCのストロング・ベンチャーズ(Strong Ventures)とベースインベストメント(Bass Investment)から11億ウォン投資を誘致したと明らかにした。

「トリプルラボ」はネイバー・カカオ出身のチェ・ジウン氏と、LINE・ジェントルモンスター(韓国発のサングラスブランド)出身のムン・ソラ氏が2020年に創業した。

オネスト・ソウルはダイヤモンドなど宝石類を使ってジュエリーアイテムを独自に加工し、リメイクや修繕などを支援する。

オネスト・ソウルはユン・ソンニョル(尹錫悦)大統領の妻キム・ゴニ(金建希)氏の「アンクレット」細工師として有名になった。

キム・ゴニ氏が今年6月、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席した際、オネスト・ソウルが細工した30万ウォン台のアンクレットを着用していたことが明らかになった。トリプルラボによると、この製品は広報・協賛ではなく、キム氏自らがプラットフォームから購入したものという。

チェ・ジウン氏は「高価な貴金属を非対面で購買する人は多くないという市場の予想とは異なり、今年第2四半期の売り上げは前年同期比500%成長した」と話している。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular