2024 年 7月 25日 (木)
ホーム政治「超高齢」間近の韓国、60歳定年、廃止なるか

「超高齢」間近の韓国、60歳定年、廃止なるか

雇用労働省(c)news1

韓国政府は、超高齢社会に備えるため、55歳以上の雇用を拡大し、現在の60歳定年を延長したり廃止したりする案を検討する。雇用労働省は27日開いた「2023年第1次雇用政策審議会」で、こうした内容を含む第4次高齢者雇用促進基本計画を審議・議決した。

今回の基本計画は「高齢層の熟練と経験を未来成長の動力につなげるための雇用戦略」をテーマに、韓国で進む高齢化に備えるために準備された。

同省によると、韓国は2025年に65歳以上が20.6%に達し、超高齢社会に突入すると予想される。高齢者の割合が高い日本よりも速いペースだ。

だが、韓国の55~64歳の雇用率は66.3%(2021年)で、ドイツ(71.8%)や日本(76.9%)など他の主要国家より低い。

このため同省は3月までに、大統領直属の経済社会労働委員会内に労・使・政代表と専門家らが参加する協議体を作り、4月から協議体内で賃金体系改編を前提とする定年延長・廃止または定年退職者の再雇用策を議論する。これらの議論に基づき、年末までに具体的な履行策を盛り込んだ「継続雇用ロードマップ」を作る。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular