2024 年 5月 26日 (日)
ホーム経済スタートアップ「超格差」スタートアップ、5年で1000社…中小企業に50兆供給

「超格差」スタートアップ、5年で1000社…中小企業に50兆供給

10月27日午後、ソウル市西大門区の市場のある商店テレビに、大統領主催の会議の生中継が映し出されている©NEWSIS

韓国政府が、新分野のスタートアップ企業の発掘に乗り出す。今後5年間で、2兆ウォンを投入し、有望な1000社を発掘する計画だ。30人未満の企業のための特別延長労働制の2年延長も推進する。

ユン・ソンニョル(尹錫悦)大統領が主宰する非常経済民生会議が10月27日に開かれ、中小企業ベンチャー企業省が中小企業・ベンチャー分野対策を発表した。

それによると、政府は2023~27年の期間で、独自の技術力に基づいて世界市場の約半分を占める競争力をもつ「超格差」企業1000社以上を発掘する予定だ。

イ・ヨン(李永)中小ベンチャー企業相は「モビリティ、バイオ、AI(人工知能)、システム半導体など10分野を定め、今後5年間に2兆ウォンを投資する予定。民間とともに有望スタートアップ1000社以上を発掘・育成する」と話した。

政府は「ベンチャー投資促進に関する法律」を改正し、民間ベンチャー向けの「親ファンド」設立などを進め、税制インセンティブを支援する。親ファンドは、民間出資金を募集して創業・ベンチャー企業投資目的の個別の「子ファンド」に出資する間接的なファンド。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular