2024 年 6月 13日 (木)
ホームエンターテインメント「芸能界引退」ペ・ヨンジュン、不動産なしで1000億保有か

「芸能界引退」ペ・ヨンジュン、不動産なしで1000億保有か

ペ・ヨンジュン、パク・スジン夫婦(c)NEWSIS

俳優ペ・ヨンジュンの財産に対する関心が高まっている。11年間、作品に出演しておらず、これ以上、活動の意志がないといわれている。

ペ・ヨンジュンは2018年、自分が筆頭株主だった芸能事務所キーイースト(KEYEAST)の持分をSMエンターテインメントにすべて売却している。

ペ・ヨンジュンの持分は1945万5071株で、500億ウォン相当。2006年、キーイーストの前身であるオートワンテックに90億ウォンを投資して有償増資に参加して大株主になり、12年で約400億ウォンの差益を得ていた。

このほか、2015年からワンライフワンテクノロジー、SD生命工学、センタムコーヒー(CENTUM COFFEE)、ポラリアント(POLARIANT)など多数のスタートアップに投資し、「テックセラースター」の道を歩んできた。テックセラースターとはテック(Tech)とセレブリティ(Celebrity)、インベスター(Inverstor)の合成語で、スタートアップに投資する芸能人らを意味する。

ペ・ヨンジュンは特に2018年にはフィギュア製作会社ブリッツウェイ(BLITSWAY)に投資し、持分12.25%を確保した。その後、ブリッツウェイが昨年、韓国新興のコスダック市場に上場し、持分が10%に小幅減少したが、企業価値が2000億ウォンで大きく跳ね上がり、200億ウォンの収益が予想されている。ただ、ペ・ヨンジュンは自宅を除いた不動産には投資していないという。

本業で稼いだ所得も相当なものだ。ペ・ヨンジュンは2011年、税務署を相手に総合所得税など賦課処分取り消し訴訟を提起し、裁判所に年間所得を公開した。判決文によると、ペ・ヨンジュンは2003年、総合所得税申告・納付時の総収入を20億8000万ウォンと申告した。翌年には3倍増の91億ウォンだと申告した。2005年には238億ウォン、2006年96億、2007年91億ウォンをそれぞれ申告した。5年間の所得は530億ウォンを超える。

こうした背景から、一部ではペ・ヨンジュンが保有している財産だけで1000億ウォン以上だという推測も出ている。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular