2024 年 7月 25日 (木)
ホームエンターテインメント「自社製品」露出より「製品目線」強調の広告映画…韓国・現代自動車が公開

「自社製品」露出より「製品目線」強調の広告映画…韓国・現代自動車が公開

映画「夜釣り」の一場面(c)news1

韓国・現代(ヒョンデ)自動車が、電気自動車(EV)の充電スタンドを背景にしたミステリーな事件を、自動車の目線で扱った同社初の短編映画「夜釣り」を公開する。

ムン・ビョンゴン監督が演出し、「犯罪都市2」などで有名な俳優ソン・ソックが出演して関心を集めている。

自動車の姿をインパクトを与えながら露出する従来の映画PPL(間接広告)とは違い、今回の作品で「アイオニック5」は完全な姿が一度も出ない。その代わり、映画内の事件をアイオニック5に装着されたカメラの視線で眺める新たな手法を試みた。

「夜釣り」は6月14日に公開され、15日、16日、21日、22日、23日に上映される。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular