2024 年 5月 19日 (日)
ホーム政治「給料はそのまま、国民は悪口」…緊縮財政で官庁街の憂鬱

「給料はそのまま、国民は悪口」…緊縮財政で官庁街の憂鬱

政府庁舎の様子©news1

韓国の公務員社会が混乱している。際限なく高騰している物価とは裏腹に、賃上げ率は毎年足踏み状態だ。ユン・ソンニョル(尹錫悦)政権になっても、公務員に犠牲を強いる雰囲気は相変わらずだ。

今月7日に開かれた「2022国家財政戦略会議」では、緊縮財政を本格化し、財政準則を法制化するなどのユン政権の財政運用方向が提示された。前政権で拡大した国家債務の増加傾向を押さえて財政支出を減らすために、財政を強力に刷新するという意志だ。

さまざまな財政刷新方法の中でも、公務員の賃金など公共部門に強力な緊縮策を突きつけたという点が目を引く。

政府は来年度の予算案編成で、公務員の定員、報酬を厳格に管理すると強調した。最近、民生経済が高物価・高為替レート・高金利などで困難に直面している状況で、公務員も苦痛を分かち合わなければならないという趣旨だ。

公務員だけでなく、公共機関においても不要な資産を売却して過度な福利厚生を制限することで、新政権の財政ダイエットに一役買うという構想も明らかにした。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular