2024 年 5月 23日 (木)
ホームライフスタイル「秋季も取引減少」…泣きべそをかくインテリア業界

「秋季も取引減少」…泣きべそをかくインテリア業界

©news1

韓国の家具・インテリア・建材企業が上半期に続き下半期にも苦戦している。金利引き上げに住宅景気の悪化が重なり、秋の引っ越しシーズンの効果が消えたためだ。為替レートの影響で原副資材の負担が大きくなり、物流・施工費などが上がる。第4四半期にも業況回復が容易ではないようだ。

ソウル不動産情報広場によると、ソウルのマンション取引量は先月、367世帯を記録した。夏シーズンの6~8月に平均797件が取り引きされたことと比較すると半分になった。秋とともに代表的な引っ越しシーズンである今春(3~5月)には月平均1640件のマンションが売買された。

今月に入って状況はさらに深刻だ。今月7日現在登録されたソウルアパート取引件数は15件にとどまる。通常、取引が完了した後、一定期間が過ぎて登録する慣行を考慮しても“取引絶壁”(取引量がぐっと落ち込むこと)が目立つというのが不動産業界の反応だ。

昨年と比べると、このような住宅取引量の減少はさらに明確だ。取引件数は昨年9月2691件、10月2195件だった。取引量急減は金利引き上げと住宅景気悪化の影響と分析される。また、これまで急騰した住宅価格に対する疲労度も反映されたというのが関連業界の説明だ。

このため、家具インテリア業界は直撃弾を受けている。一般的に家具 ・インテリア需要は住宅取引量、引っ越し件数に比例する。新しい家に引っ越す時、新しい家具を購入したりインテリア契約を結ぶ場合が多いからだ。

業界はすでに上半期に利益急減を経験している。上半期の営業利益だけを見ると、ハンセムは前年度の529億ウォンから121億ウォンへと大幅に減少した。現代リバートも148億ウォンから26億ウォンに縮小した。新世界カサ(SHINSEGAE CASA)の赤字幅は縮小したものの、53億ウォンの赤字となった。第2四半期だけ見ればさらに悪い。ハンセムは277億ウォンから22億ウォンに、現代リバートは50億ウォンから-2億ウォン、新世界カサは-26億ウォンから-42億ウォンに悪化する傾向を見せた。最近のような雰囲気なら、第3四半期の実績はこれよりさらに暗い見通しだ。

建材を主力とするインテリア企業も、立場は似ている。代表的にLXハウシスは600億ウォンから79%減の125億ウォンとなった。KCCが唯一61%増えた3136億ウォンを記録したが、インテリアの影響よりはシリコン素材部門の好材料が反映された結果だった。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular