2024 年 6月 23日 (日)
ホーム国際「福島の海水、飲めるんでしょ?」日本大使館に手渡そうとした韓国歌手…ネットユーザーから上がる「ねぎらい」の声

「福島の海水、飲めるんでしょ?」日本大使館に手渡そうとした韓国歌手…ネットユーザーから上がる「ねぎらい」の声

歌手リアのユーチューブチャンネル映像キャプチャー(c)news1

韓国の歌手リア(Riaa)がこのほど、日本の福島第一原子力発電所前の海水を採取して在韓国日本大使館に手渡そうとし、警察に阻まれた。リアは自身のSNSで「なぜ? ただの海水1杯だけなのに……。飲めるんですってね」と不満を表明した。

リアは自身のユーチューブチャンネルで、日本を訪問して福島第一原発から1.2キロ離れた地点の海に入り、海水を採ったことを明らかにした。また現地で移動中に簡易放射線測定器を使って、リアルタイムで放射線量を測定してみせた。

映像には、字幕で「国際放射線防護委員会(ICRP)の基準では平常時に一般の人が受ける放射線量の限度は年間1.0mSv」と記したうえで、原発近くの放射線量が2.71mSvだと主張した。

ユーチューブ番組を見たネットユーザーから「映像だけで見ても怖い。潜水服まで着て海に入ったなんて尊敬します」「お疲れ様でした。一緒に阻止しましょう」「ありがとうございます。福島の水を放流すれば、海を失うことになります」などの反応を示した。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular