2024 年 7月 19日 (金)
ホーム政治「正義党」沈相奵氏に後援金殺到……「李在明氏選び、申し訳ない気持ち」

「正義党」沈相奵氏に後援金殺到……「李在明氏選び、申し訳ない気持ち」

10日、ソウル・汝矣島の国会で開かれた大統領選選挙対策委員会の解団式で、ヨ・ヨングク(余永国)代表から花束を受け取るシム・サンジョン(沈相奵)氏(左)©NEWSIS

韓国大統領選挙の投票前後に、革新系野党「正義党」候補のシム・サンジョン(沈相奵)氏に後援金12億ウォンが入ったことが明らかになった。正義党のヨ・ヨングク(余永国)代表は11日、後援金を送った人たちの心情について「本当はシム・サンジョン候補を本当は選びたかった」ためと明らかにした。

ヨ氏は同日、KBSラジオ「チェ・ギョンヨンの最強時事」に出演し、「正義党の支持者、つまりシム・サンジョンに投票すべき人が、イ・ジェミョン(李在明)候補=与党・共に民主党=の方に多く移ったと思う」と指摘している。

ヨ氏によると、こうした人たちは、もしシム・サンジョン氏に投票すれば、望まない候補者が当選してしまうのではないか――と考えて、自身の考えにしたがった投票行動ができなかったとみている。「望まない候補者」は保守系野党「国民の力」のユン・ソンヨル(尹錫悦)氏を指す。

それゆえ「申し訳ない気持ちが、後援金を出すという行為につながったのではないか」と話した。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular