2024 年 7月 14日 (日)
ホーム政治・社会・経済「最低賃金より低い」街頭に出た公務員たち

「最低賃金より低い」街頭に出た公務員たち

11月29日、ソウル・汝矣島(ヨイド)で決議大会を開いた全国公務員労働組合などの組合員(c)NEWSIS

韓国の全国公務員労働組合(全公労)や大韓民国公務員労働組合総連盟(公労総)、全国教職員労働組合(全教組)の3団体は29日、ソウル・汝矣島(ヨイド)の国会前で「公務員・教員総決起大会」を開いた。

企画財政省によると、今年の公務員人件費予算は41兆3000億ウォンで、本予算607兆7000億ウォンの6.8%を占める。ユン・ソンニョル(尹錫悦)政権は8月30日、来年の公務員報酬の引き上げ率を1.7%に決めると明らかにした。労組側は7%台に要求してきた。

政府案を適用すれば、9級1号俸基本給は月額で基準税引き前171万5171ウォンだ。これに加え、今年の職級補助費15万5000ウォン、定額給食費14万ウォン、月平均超過勤務手当て9万2000ウォンを合わせれば、税引き前で210万2171ウォン(約22万1000円)になる。来年の法定最低賃金は税引き前210万580ウォンだ。

大会で公労総のイ・チョルス副委員長は「9級青年公務員の給与は最低賃金に満たない。物価上昇率にも達しない賃金引き上げは賃金削減だ。防ぐべきだ」と話した。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular