2024 年 5月 24日 (金)
ホーム政治「文前政権のニューディール支援団、看板を下ろす」…来年度予算0ウォン

「文前政権のニューディール支援団、看板を下ろす」…来年度予算0ウォン

韓国のユン・ソンニョル(尹錫悦)大統領©NEWSIS

韓国のムン・ジェイン(文在寅)政権時代に新設された「韓国版ニューディール」政策推進のための汎省庁コントロールタワーが、発足2年で廃業する。ユン・ソンニョル(尹錫悦)政権がムン政権の代表事業である韓国版ニューディールを事実上廃棄し、来年度予算を全く割り当てなかったことによるものだ。

韓国企画財政省によると、政府が先月2日に国会に提出した2022年予算案には「韓国版ニューディール実務支援団」の運営予算が盛り込まれていない。

韓国版ニューディールはムン政権が新型コロナ危機の克服、グローバル先導経済への転換を目標に2020年に始めた事業だ。2025年までに計160兆ウォン(国費114兆)を投入し、190万の雇用創出を目指していた。だが、ユン政権発足後、韓国版ニューディールが事実上廃棄の手順を踏み、同支援団も閉鎖することになった。

支援団は企画財政1次官(団長)と各省庁から派遣された公務員など約20人で構成された組織だ。支援団運営予算は発足初年度の2020年に11億4000万ウォンが配分され、翌年20億5500万ウォンと2倍近く増えた。今年も18億5000万ウォンの予算が投入されたが、来年は全額削減することにした。

企画財政省の関係者は「支援団は本来、一時的な組織で、今年末までの運営予定だった。運営が延長されず来年に予算が反映されなかった」と話した。

支援団は今年5月、新政権発足後、事実上「開店休業」状態だったとみられる。支援団が毎月発表した「韓国版ニューディール主要事業推進計画」も4月を最後に立てられていない。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular