2024 年 5月 23日 (木)
ホーム政治「悪い家主」名簿公開…自己診断安心アプリ、詐欺を防ぐ

「悪い家主」名簿公開…自己診断安心アプリ、詐欺を防ぐ

ソウル庁舎で詐欺被害防止案を発表するウォン・ヒリョン(元喜龍)国土交通相©NEWSIS

韓国政府が今後、賃貸保証金のチョンセを返すべき時に返さなかった悪い家主の名簿の公開を進める。賃貸人がチョンセ保証金より、先順位の優先債権である未納税金情報などを提供するようにし、チョンセ詐欺に対する処罰と不当利益返還も強化することにした。

国土交通省は1日、「チョンセ詐欺被害防止案」を発表した。来年1月、賃借人が入居希望住宅の相場と悪質賃貸人名簿を確認できるアプリ(自己診断安心チョンセアプリ)を構築する。怪しい物件かどうか、危険の程度を賃借人が事前に判断して契約するかどうかを決められるようにする方針だ。

保証金を適切な時期に返さず被害を与えた賃貸人の情報は、住宅都市保証公社(HUG)に蓄積されているが、一般には公開されなかった。政府は関連法の改正を通じて情報を公開する方針だ。

借りる家が競売にかけられた場合、まず配当される滞納税、先順位賃借人保証金(多世帯住宅)に関する情報を賃借人が要請すれば、賃貸人は該当する情報を提供する義務がある。

賃借人の対抗力が転入届の翌日に発生するという点を悪用できないように、賃借人の対抗力の効力が生じるまでは賃貸人が売買契約をしたり根抵当権を設定しないという特約も賃貸借標準契約書に明記される。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular