2024 年 5月 22日 (水)
ホーム経済不動産「安値で売るより子に譲る」…ソウルの住宅贈与取引、過去最高

「安値で売るより子に譲る」…ソウルの住宅贈与取引、過去最高

(c)MONEYTODAY

今年1~9月のソウル住宅取引7万9486件のうち贈与取引が9901件となり、12.5%を占めたことが韓国不動産院の統計分析でわかった。前年同期(12.2%)比で小幅上昇し、2006年の統計開始以後、最大だった。

金利引き上げに伴う貸出利子負担と住宅価格下落傾向が相まって、住宅取引市場が沈滞、贈与取引の割合が最高値となった。相場より数億ウォン下がった価格で急いで処分するより、税負担を減らし、子供に譲る傾向が反映されたようだ。

2006~17年のソウル住宅取引で贈与が占める割合は4~8%台だった。しかし、2018年に9%に急騰した後、2019年は10.9%、2020年は12%、2021年は12.2%で2桁を記録し続けた。

今年、ソウル25自治区のうち住宅贈与の割合が最も高い地域は蘆原(ノウォン)区で、27.8%(1999件のうち556件)に達した。この期間に取り引きされた住宅4軒のうち1軒以上が贈与取引だった。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular