2024 年 5月 22日 (水)
ホームライフスタイルトラベル「外国人38万8000人ご来訪」という行事、実は4907人だけ…韓国で相次ぐ観光客の水増し

「外国人38万8000人ご来訪」という行事、実は4907人だけ…韓国で相次ぐ観光客の水増し

新型コロナの影響で4年ぶりに開催された2023年の鎮海軍港祭(c)news1

韓国の代表的な祭りで見物客数の水増しが公然の秘密になっている――こんな指摘が相次いでいる。新型コロナウイルス感染が一段落し、旅行熱が復活するなか、誘致競争を有利に進めるためだ。観光業界では2023~24の「韓国訪問の年」を控え、このような不正を正すべきだという声が高まっている。

慶尚南道(キョンサンナムド)昌原市(チャンウォンシ)によると、4年ぶりの開催となった韓国最大の桜祭り「2023年鎮海(チネ)軍港祭」(3月25日~4月5日)に約450万人の観光客が訪れた。このうち台湾観光客数は20万人とされた。しかし、韓国観光公社は統計をビッグデータと比較してみた結果、誤りがあると指摘している。

韓国観光データラボの分析では、鎮海軍港祭期間中、同市鎮海区の訪問客全体(外地人+外国人+現地人)数は163万人。祭り訪問客数450万人と2.7倍もの差がある。

台湾からの観光客数20万人も違和感がある。鎮海を訪問する台湾観光客の大部分が台湾~釜山路線を利用するのに、各航空各社の同便は合わせても週6870席しかない。

今年130万人が訪問したとされる「華川(ファンチョン)ヤマメ祭り」も韓国観光データラボで分析した訪問者数と大きな差があった。祭り期間(1月7~29日)、江原道(カンウォンド)華川郡の訪問者数は全体で79万6827人に過ぎなかった。

今夏の開催を控えた「保寧(ポリョン)マッドフェスティバル」(7月21日~8月6日)はコロナ前の2019年の訪問客総数が181万1000人で、このうち外国人は38万8000人とされた。しかし、データラボによると、その期間の忠清南道(チュンチョンナミド)保寧の訪問客数は106万2000人で、このうち外国人は4907人であることが確認された。

こうしたエラーは、自治体の集計方法に問題があるため生じる場合が多い。

ある業界関係者は「防犯カメラで人数を集計した後、祭りの時間に合わせて掛け算をしたり、単位面積当たり(横30メートル×縦20メートル)の人員を数えて、これに時間や場所の広さを掛けたりしている」と説明した。

韓国観光公社観光ビッグデータ戦略チーム長ののチョ・ユンミ氏は「データがあれば観光客の需要を詳細に分析できる。数字にこだわるより長期的な観点でデータを正確に見る必要がある」と話した。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular