2024 年 5月 24日 (金)
ホームライフスタイル「各地のおいしい店に行こう」…ターミナル駅近くの「百年店」

「各地のおいしい店に行こう」…ターミナル駅近くの「百年店」

(ネイバー画面キャプチャー)©news1

韓国中小ベンチャー企業省は、業歴30年以上で成長の可能性を高い店を「百年店」に選定している。長年続いてきた百年店は評点が高く、口コミも多い。今年まで百年店に選ばれたのは1262店。政府が認証した百年店のうち、各地の駅やバスターミナルの近くにあって、寄りたくなるグルメ店を見て回った。

1985年にオープンした「イルミ鰻」は、ソウル駅から列車で帰省する前に食べるのにいい。イルミ鰻は塩焼きだけを提供するうなぎ専門店だ。堅炭を使って、えごま油でうなぎを焼き生臭さがなく香ばしい。注文するとワカサギのチゲとご飯が一緒に出てきて、鰻はご飯とニラに混ぜて食べるのが珍味として知られている。

列車で釜山(プサン)駅に到着すると、駅から300メートルのところに「新發園(シンバルウォン)」がある。1951年に小さな店から始まった老舗で、3代にわたって餃子を販売している。「新發園昼食研究所」という独自の研究開発空間を設け、新メニューも地道に開発している。

(ネイバー画面キャプチャー)©news1

大田(テジョン)駅には、現在3代目が経営し、50年続いている大規模中華料理店「泰華荘(テファジャン)」がある。甜麺醤で味付けした昔ながらのジャージャー麺と、基本に忠実な酢豚、焼き餃子などが代表メニューだ。最近、歌手ソン・シギョンのYouTubeチャンネルに登場し、さらに人気が高まっている。

光州松亭(クァンジュソンジョン)駅の近くには、1976年から光州トッカルビ(粗挽きカルビ焼き)横丁を守ってきた「ソングク」がある。下味は濃くなく、まろやかで美味しい店と評判だ。辛いトッカルビは若者に人気が高い。注文すると大根を入れてじっくり煮込んだ豚骨スープも出る。

業歴36年の「海金剛(ヘクムガン)」は東大邱(トンテンテグ)駅から行くとよい。フグという一つの素材で、フグの天ぷら、フグ蒸し、しゃぶ鍋など、さまざまなメニューを提供している。大邱十味に数えられるフグプルゴギが食べられる代表的な美味しい店と評価されている。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular