2024 年 7月 22日 (月)
ホーム政治・社会・経済「半分に折って伸ばして」…ノートパソコン斬新なフォーム

「半分に折って伸ばして」…ノートパソコン斬新なフォーム

サムスンディスプレイのチェ・ジュソン社長が先月公開したスライダブルディスプレイ(写真=インテルYouTube)©MONEYTODAY

ノート型パソコンのフォームファクター(形態)が多角化している。定型化された既存の形から脱し、折りたたみ式のフォルダブルから、スクリーンが伸び縮するノート型パソコンまでスマートフォンに続き、ノート型パソコンにもフォームファクター競争が激しい。

台湾パソコン大手の華碩電脳(エイスース、ASUS)は先月、世界で初めてフォルダブルノートパソコンである「Zen Book17 Fold OLED」を発売した。この製品は今年初め、CES2022で初めて公開され、注目を集めたことがある。

「Zen Book17 Fold OLED」は多様な形態で利用可能だ。17インチパネルを完全に広げると、タブレットとデスクトップモードで使用できる。ディスプレイを90度折りたたんだ時、仮想のオンスクリーンキーボードとブルートゥースキーボード、タッチパッドを連結し、12インチノートパソコンとしても活用できる。

華碩電脳は「自社の独占技術が適用されたフォルダブルヒンジが搭載され、3万回以上の折りたたんで開くテストを通過し、強固さを確認した」と強調した。価格は429万9000ウォン(韓国基準)とやや高い。一般ノートパソコンが150万~200万ウォン台であることを考慮すれば、2倍以上の価格だ。

「Zen Book17 Fold OLED」(写真=華碩電脳)©MONEYTODAY

サムスン電子もフォルダブルノート型パソコンを準備している。米国IT専門メディア「サムモバイル」によると、サムスン電子は来年初めを目標に「ギャラクシーブックフォールド」を開発している。

サムスン電子はすでにフォルダブル技術力を保有しているため、フォルダブルノートパソコンの発売には大きな支障はないとみられる。ただ、どのように折りたためば効率的なのかについて検討段階という。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular