2024 年 5月 23日 (木)
ホーム社会「使った皿、まとめて洗うしか…」韓国・水道料金引き上げで節約モード

「使った皿、まとめて洗うしか…」韓国・水道料金引き上げで節約モード

ソウル市龍山駅内の洗面台で、ある市民が手を洗うために水を流している(c)news1

韓国で物価高に暖房費・交通費など公共料金が引き上げられ、水道料金まで上がり庶民の負担が増えている。水を節約するために、小便をしても水をその都度、流さなかったり、使った皿を洗桶に溜め置きしたりする家庭も増えている。

統計庁国家統計ポータル(KOSIS)によると、2月の水道料金指数は109.50(2020年=100)で、1年前より4.6%上昇した。2006年1月に6.1%上昇して以後、17年1カ月ぶりに最も大幅に上昇したのだ。

各自治体が、生産単価が上昇したとし料金を引き上げた結果と見られる。ソウル市は今年1月から家庭用上水道使用料金を1立方メートル当たり480ウォンから580ウォンに20.8%引き上げた。同期間、大邱市(テグシ)も1立方メートル当たり580ウォンから630ウォンへと8.6%引き上げた。料金累進制を適用をしていた城南市(ソンナムシ)も同期間水道料金を20トンまでの270ウォンからトン当たり340ウォンに最大26%引き上げた。

飲料水の価格も急騰した。先月、加工食品のうちミネラルウォーターの物価指数は109.24で、1カ月間で7.1%上昇した。これは2011年7月(9.5%)以来11年7カ月ぶりの最高上昇率だ。これはペットボトルなど材料価格の引き上げと人件費上昇でミネラルウォーターの出荷価格が上がったことによる。

国内ミネラルウォーター市場シェア1位(35.7%)の「済州三多水(チェジュサムダス)」を製造する済州特別自治道開発公社は、先月出荷価格を平均9.8%引き上げた。5年ぶりの価格調整だった。「ロッテ七星(チルソン)飲料」も昨年12月、シェア2位(11.7%)の「アイシス8.0」をはじめとするミネラルウォーター・飲料価格を約8.4%引き上げた。これによってコンビニで販売される「アイシス8.0 500ml」の価格が1日950ウォンから1100ウォンに15.7%引き上げられた。

漢陽(ハニャン)大学経済学部のハ・ジュンギョン教授は水の価格が暴騰することについて「物価が所得上昇以上に上がったため、当然生活費が増加する要因になる。特に水のような場合は他のものに代替するのが難しいため、所得が減少したと感じることになる」と指摘した。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular