2024 年 7月 19日 (金)
ホーム経済IT/メタバース「人の代わりに運びます」、KTのAIロボット首都圏一帯に100台

「人の代わりに運びます」、KTのAIロボット首都圏一帯に100台

高陽市所在の製麺所で客がAIサービスロボットのサービスを受けている(KT提供)©news1

韓国通信大手KTの江北・江原広域本部は5日、首都圏北部と江原道地域でKT人工知能(AI)サービスロボットを導入した売り場が100カ所を突破したと明らかにした。

小商工人を助けるAIサービスロボットは、サービング・退食・巡回機能を持つ自動運転方式のロボットだ。別途の設備を必要としない完全な自動運転技術と、多様な形態のトレイを提供し、いかなる売り場環境においても安定的なサービスが可能だ。

AIサービスロボットは、3次元(3D)空間マッピング、自動運転技術など最先端ソフトウェアが搭載された。障害物を発見すると巧みに避けて目的地まで移動する。特にロボットトレイには独自の重量センサー感知技術が適用され、客が物を下ろせば自動的に待機場所に戻る。

このような機能を持つAIサービスロボットは、売り場職員が客の応対や調理のような主要な業務に集中できるよう、サービングなどの反復業務を代わりに遂行するため、小商工人の満足度が高い。

KT関係者は「首都圏北部と江原道地域でロボットを体験した小商工人の中で大多数がロボットを持続利用している。ロボットを導入した小商工人は付随的な広報効果にも満足感を示している」と評価している。そのうえで「AIサービスロボットは飲食業の他にもスクリーンゴルフ場、病院など多様な業種で小商工人デジタル革新を支援している」と説明した。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular