2024 年 6月 22日 (土)
ホームエンターテインメント「ヴァン・クライバーン優勝」イム・ユンチャン「音楽にさらに没頭するピアニストになる」

「ヴァン・クライバーン優勝」イム・ユンチャン「音楽にさらに没頭するピアニストになる」

第16回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール優勝者のイム・ユンチャン(ヴァン・クライバーン財団提供)©news1

韓国のピアニスト、イム・ユンチャン(18)が18日(現地時間)、第16回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール(Van Cliburn International Piano Competition)で優勝した。2位はロシアのアンナ・ジニシネ(31)、3位はウクライナのドミトロ・チョニ(28)という点でも関心を集めた。先日開催されたクイーンエリザベスコンクールは、ロシア人の参加は拒否されたが、ヴァン・クライバーンコンクールは受け入れている。

イム・ユンチャンは世界中のクラシックファンが参加した人気投票によって決まる「聴衆賞」や、現代曲を最もよく演奏した競演者に与えられる「新作最高演奏賞」も獲得し、3冠となった。

イム・ユンチャンは歴代優勝者の中で最年少。優勝に際し、イム・ユンチャンは「喜びより、もっと頑張らなければならないという考えで心が重い。音楽にさらに没頭するピアニストになる」と感想を語った。

イム・ユンチャンには優勝賞金10万ドルと特別賞賞金7500ドルが贈られた。今後3年間、総合的な支援を受けながらワールドツアーを展開することになる。

第16回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール優勝者のイム・ユンチャン(ヴァン・クライバーン財団提供)©news1

ヴァン・クライバーンコンクールは、世界3大ピアノコンクールに挙げられるショパン、チャイコフスキー、クイーンエリザベスコンクールと並ぶ、世界的な権威のある大会だ。1958年に開かれた第1回チャイコフスキーコンクールで優勝した米ピアニスト、ヴァン・クライバーン(1934~2013)を記念して創設され、1962年からヴァンの故郷であるフォートワースで4年ごとに開催されている。

イム・ユンチャンを含む決選進出者6人は、コンクール審査委員長のマリン・アルソブの指揮で、フォートワース・シンフォニーオーケストラと2つの協奏曲に臨んだ。イム・ユンチャンはベートーベンピアノ協奏曲3番C短調(14日)とラフマニノフピアノ協奏曲3番D短調(17日)を演奏した。

ヴァン・クライバーン財団によると、イム・ユンチャンは本選1次の段階から深い音楽性と難度の高いプログラムで、他の参加者との差別化に成功した。

イム・ユンチャン(錦湖文化財団提供)©news1

イム・ユンチャンは7歳のころ、ピアノを始めた。2020年に中学校課程のイェウォン学校を首席で卒業した後、2021年に韓国芸術総合学校音楽院に芸術英才として入学した。2017年から韓国芸術英才教育院と韓国芸術総合学校でピアニストのソン・ミンスに師事している。

2018年には世界的なジュニアコンクールであるクリーブランド青少年ピアノ国際コンクールで、2位とショパン特別賞を受賞。2019年には15歳でユン・イサン国際コンクールでも最年少1位を獲得した経緯がある。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular