2024 年 7月 25日 (木)
ホーム政治「フランス製輸入」から20年…後発国から一転、高速鉄道の輸出国になった韓国

「フランス製輸入」から20年…後発国から一転、高速鉄道の輸出国になった韓国

「KTX-山川」=韓国鉄道公社提供(c)news1

2004年にフランスの高速列車TGVを改良導入した韓国が、わずか20年で技術的に自立し「K-高速鉄道」輸出国になった。特に、過去技術輸入に依存していた立場から、今では韓国の技術力を世界に輸出するまでになった。

韓国鉄道公社(KORAIL)によると、韓国初の高速列車であるKTXはこの20年間、10億5000万人を乗せて全国8路線を運行した。合計運行距離は6億4581万kmで、地球を1万6150周したわけだ。

2004年、KORAILはフランスのTGVを改良した46車両で初のKTX高速鉄道運行を始めた。当時は、韓国の技術だけで高速列車を製造することができなかったからだ。

その後、2010年3月、従来のKTXの後継車両であるKTX-山川110000号台の車両を投入し始めた。これは国産化率を大幅に高めた車両で、韓国の高速鉄道の象徴とされている。ここでKTX-山川の後に付く番号は、該当車両の「固有番号」を意味する。

特に商用化した韓国初の独自開発高速鉄道車両モデルで、ほとんどの主要部品を国産化することに成功した。その結果、日本、フランス、ドイツに続き、世界4番目の高速鉄道技術保有国というタイトルを獲得した。

2015年4月からKTX-山川120000号台を京釜高速線、慶全線、東海線に一部投入し、現在はKORAILの子会社であるSRにリースされ130000号台の車両とともに水西駅発SRTで運行されている。

2017年には江陵線開通や2018年冬季オリンピックに備えてKTX-山川140000号同の車両を導入した。2021年8月からは江陵線KTXに準高速鉄道車両であるKTX-イウムを投入した。

特に今年4月、KORAILは高速鉄道開通20周年を迎え、最高320km/hで走る新型KTX-青龍を公開した。これは国土交通省が2007~2015年に次世代高速鉄道研究開発を通じて100%国内技術で設計・製造した動力分散式高速列車(EMU-320)だ。

これによって韓国は、動力分散式の世界高速鉄道市場に進出できる橋頭堡を築くことになったと評価された。

一方、ウズベキスタンを公式訪問したパク・サンウ国土交通相は、現代ロテムとウズベキスタン鉄道公社間の2700億ウォン規模の韓国型高速鉄道車両供給契約を締結したと明らかにした。韓国が高速鉄道を海外に輸出したのは今回が初めてだ。

輸出車両はUTYEMU-250の42両(7両×6編成)で、国内で運行中のKTX-イウムをウズベキスタン現地の実情に合わせて改善したモデル(商業運行250km/h)だ。

これにより、今後、中央アジアはもとより、10兆ウォン以上の規模と試算されるポーランドやタイ、モロッコなど、世界の高速鉄道車両市場参入への足がかりを築いた。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular