2024 年 4月 14日 (日)
ホーム経済IT/メタバース「ファン経験拡大」WeverseにV LIVE機能…IT企業に変身する「HYBE」

「ファン経験拡大」WeverseにV LIVE機能…IT企業に変身する「HYBE」

©news1

韓国の総合エンターテインメント企業「HYBE(ハイブ)」がエンタメ産業を越えてIT産業領域にも事業を広げている。「ファン経験」拡大という目標を達成するため、伝統的な公演やアルバム市場を越え、利用者とのさらなる接点を拡大する戦略とみられる。

HYBEは、主力事業である音楽を中心に所属アーティストの知的財産権(IP)を使ったゲーム、ウェブトゥーン、プラットフォーム、NFTなど新事業の開発を加速している。

HYBEの「ファン経験」強化戦略の中心にはファンダムプラットフォーム「Weverse」がある。今月中に「V LIVE」機能が追加される予定の「Weverse 2.0」は新たな機能を組み込んでアーティストとファンをつなぐ空間に生まれ変わる。

HYBEは今年3月、ネイバーから「V LIVE」事業の譲渡を受け、技術力を確保した。Weverseが持っている影響力とともに、プラットフォーム事業経験が豊富なネイバーのノウハウを取り入れ、相乗効果を出すものとみられる。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular