2024 年 4月 21日 (日)
ホーム経済流通「コンビニ=量産パン」の図式から脱却…韓国CU、自社ブランドでハイクオリティ追求

「コンビニ=量産パン」の図式から脱却…韓国CU、自社ブランドでハイクオリティ追求

BGFリテールスナック食品チームMDのキム・ゴニ氏=BGFリテール(c)news1

韓国のコンビニCUが5カ月前に立ち上げたベーカリーの自社ブランド「ベイクハウス405」が300万個以上を販売する人気だ。

昨年8月に初めて発売した「ソフトローリングパン」は日本のメーカーと技術提携を結び、食感と味を引き上げた。最近は、16人しかいない国家公認名匠のソン・ヨングァン氏と手を組み、同氏のパン店「名匠テン」で人気の3種をベイクハウス405ラインで製造、発売した。

現在15種のベイクハウス405ラインナップは今後さらに拡大する。追加のコラボレーションも計画中で市場調査を進めている。

CUを運営する韓国BGFリテールのスナック食品チームのキム・ゴニMDは「コンビニパンは『量産パン』といわれるが、そぼろパンなど根本的なクオリティを本格的なベーカリー並みに高め、リーズナブルな価格にするため努力した」と胸を張る。

今後の目標は「もっと面白いこと、あまり見られないビジュアルを試してみること」だという。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular