2024 年 5月 26日 (日)
ホーム政治「エプロン・ゴム手袋」金建希氏の美談、遅れて公開…静かな「奉仕」活動

「エプロン・ゴム手袋」金建希氏の美談、遅れて公開…静かな「奉仕」活動

8月31日、アンナの家を訪れ、2時間ほど配膳や皿洗いボランティア活動をするキム・ゴニ氏(キム・ハジョン神父フェイスブック)©news1

韓国のユン・ソンニョル(尹錫悦)大統領の妻キム・ゴニ(金建希)氏のボランティア活動が、時間を置いて公開されている。普段から社会的弱者や動物愛護に関心を示しているキム氏は「奉仕」を軸に「抑制された行動」を続けているようだ。

大統領室は16日、キム氏が8月31日、京畿道城南市にある「アンナの家」で配膳および皿洗いボランティア活動をしたと明らかにした。アンナの家はホームレスら社会的弱者400~500人に毎日、無料給食を提供し、自活施設を運営するところだ。

キム・ゴニ氏のボランティア活動のニュースが約2カ月後に明らかになったのは、「アンナの家」のビンセンツォ・ボルドー(Vincenzo Bordo)=韓国名キム・ハジョン=神父のフェイスブックによるものだ。

神父はキム氏の奉仕活動について、次のような文章と写真を投稿した。

「黙々と誠実に仕事をする奉仕者たちを見守っていた。奉仕が終わった後、事務室に行き、コーヒーを飲みながらマスクを下ろした。ある女性が『この方が誰か知っているか』と尋ね、『わからない』と言うと、キム・ゴニ氏と聞いた。びっくりして何も(言葉が)出なかった」

神父の書き込みが掲載されると、大統領室はこれを認めた。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular