2024 年 5月 19日 (日)
ホームエンターテインメントウェブトゥーン「ウ・ヨンウ」もマンガに…ウェブトゥーン、消費プラットフォームへ進化

「ウ・ヨンウ」もマンガに…ウェブトゥーン、消費プラットフォームへ進化

ネイバーウェブトゥーンが公開した「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」ウェブトゥーン©NEWSIS

韓国の人気コンテンツがK-ウェブトゥーンプラットフォームに集まっている。放映中のドラマやアニメーションがウェブトゥーンやウェブ小説で改めて制作される「ウェブトゥーン化現象」が加速化しているのだ。

これは、ウェブトゥーンがコンテンツ消費プラットフォームとしての地位がそれだけ高まったことを示している。これまでウェブトゥーンは、映画やドラマのストーリーを発掘するチャンネルだと思われていた。それが今は、消費プラットフォームとして十分な市場価値があることがはっきりしたということだ。

ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」はウェブトゥーン化が決定されたことにより、先月27日からネイバーウェブトゥーンで連載を始めている。

人気ドラマがウェブトゥーン化される例は最近増えている。「ホン・チョンギ」「先輩、その口紅塗らないで」「その年、私たちは―初夏が好き!」など、まずドラマが先に放映され、その後、ネイバーウェブトゥーンとして制作されている。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular