2024 年 6月 19日 (水)
ホーム社会「ウクライナ侵攻」でサイバー脅威増加

「ウクライナ侵攻」でサイバー脅威増加

©news1

ウクライナ情勢によりサイバー脅威が増加する中、韓国政府は対応を強化し、情報セキュリティ規則の順守を促した。

科学技術情報通信省は25日、政府レベルのサイバー脅威に対する非常対応システムを強化すると明らかにした。同省は「最近のウクライナ情勢により世界的にDDoS攻撃などサイバー脅威が増大している状況で、国内に及ぼす影響を注視している」と説明している。

政府は国家・公共機関を対象に保安勧告文を広め、主要システムおよび基盤施設を対象に脆弱な要因を点検するようにした。また金融機関など対国民主要サービスを対象に、ホームページ偽造変造やDDoS攻撃、ランサムウェア攻撃などに備え、24時間モニタリングを強化していると明らかにした。

サイバー空間での事故発生に備え、政府は通信会社、ワクチン会社など主要な関連機関と、サイバー脅威に関する情報を共有するための非常連絡網も構築している。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular