2024 年 5月 23日 (木)
ホーム経済IT/メタバース「ゆりかごから尿失禁パッドまで定期配送」…サブスクリプション急成長

「ゆりかごから尿失禁パッドまで定期配送」…サブスクリプション急成長

オヌルプラス(ユハンキンバリー提供)©news1

韓国の生活用品レンタル企業が、トイレットペーパー、ウェットティッシュから食器洗浄機洗剤、尿失禁パッドまで定期配送サービス品目を拡大している。乳幼児専門企業も成長発達段階に合ったおもちゃなどを定期的に配送するなどの購読サービス時代が開かれた。

「柳韓(ユハン)キンバリー(Kimberly)」は、中高年のための尿失禁パッド「ディフェンス」の定期配送サービスを展開している。尿失禁患者が多い中高年人口が急増し、尿失禁製品が再認識され、定期配送利用者数は着実に増えている。

同社は今年4月には「アクティブシニア」のためのマルチプラットフォーム「オヌルプラス(Oneulplus)」を立ち上げた。アクティブシニアとは引退後も消費や余暇を積極的に楽しむ50~60代だ。

同社関係者は「尿失禁パッドの特性上、毎日のように使わなければならないが、しょっちゅう購入するのが面倒な方々のために購読サービスを提供している。シニア人口が急増したため、定期配送利用者数は目立って増えている」と話した。

「ケクッタンナラ(kleannara)」は昨年8月、「ネイバーブランドストア(Naver brand store)」で、生活用品定期配送サービスである「タルタル配送」を開始した。

消費者は、自身の生活パターンを考えながら▽配送希望日▽配送周期▽回数▽自動決済――などを設定すれば▽トイレットペーパー▽キッチンタオル▽お手入れティッシュ▽ウェットティッシュ▽除菌ウエットティッシュ――など定期配送を受けられる。

育児市場にも購読サービス時代が開かれている。「ソノゴン(孫悟空)」は最近、玩具業界で初めて乳幼児のための月齢別(新生児~3歳)に合わせた購読サービス「レベルアップボックス」を発売した。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular