2024 年 2月 29日 (木)
ホームエンターテインメント「すずめの戸締まり」、韓国公開アニメ興行3位

「すずめの戸締まり」、韓国公開アニメ興行3位

(c)MONEYTODAY

韓国で人気の映画「すずめの戸締まり」が同国内公開アニメーションの中で興行3位に上がった。ただし興行1、2位の「アナと雪の女王2」と「アナと雪の女王」がともに1000万人以上の観客を動員したため「すずめ」旋風は3位にとどまると見られる。

映画振興委員会の映画館入場券統合電算網によると、3月8日に公開された日本のアニメーション「すずめの戸締まり」は観客数533万5960人を記録した。過去の国内封切りのアニメーション映画で興行4位の「カンフー・パンダ2」の国内観客数506万4796人を超えた。

これで「すずめの戸締まり」は▽「アナと雪の女王2」(1375万668人)▽「アナと雪の女王」(1030万5051人)に続き、韓国で封切られた全アニメ中、興行3位になった。過去に国内で公開された日本映画では「すずめの戸締まり」が興行1位だ。

アニメーション興行5位はディズニー・ピクサーの「インサイド・アウト」、6位はディズニーの「ズートピア」が占めた。7位に「カンフーパンダ」、9位に「カンフーパンダ3」が上がり、「カンフーパンダ」シリーズに厚い韓国ファン層があることをうかがわせる。

1月4日に公開された日本のアニメ「ザ・ファーストスラムダンク」は観客数462万6559人を記録し、8位となった。「ザ・ファーストスラムダンク」が依然として1日観客数1000人から最大7000人程度を動員するなど人気を集めているため、7位「カンフーパンダ」と順位が入れ替わる可能性が残っている。

10位には新海誠監督の「君の名は。」がランクインされている。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular